はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

考えるヒント28

夢・インプット・アイデア

夢には、今まで見たものしか出てこないという事実があるように思われる。

夢はアイデアの宝庫と僕は考えるが、インプットが少なければ夢の材料が品薄になる、と思われるので、どれだけ様々な感覚を刺激するのかにかかっているのだろうか。

 

 

 

記憶に関する本を読むと、まだ未解明のことが多いように見える。

一度目に入った情報は「思い出せないのか」、それとも「完璧に消えていくのか」。

短期記憶や長期記憶、そしてワーキングメモリーの枠組み、概念だけでは説明がつかないことが多いように見える。

 

 

もし単に「思い出せない」だけであるとしたら、豊かな夢を見るには「インプットの総量」次第なのだろうか。

興味深いトピックである。

つづく