はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

他人の視線が怖いときに考えるべきこと

の自分がそうだった。

しかし今はそれがある意味「恥ずかしい」ことでもあったと思っている。

(視線を集める、そんなことはあり得ない、という意味で)

 

 

そもそも、目立ちたがりの多い東京で目立つことなど不可能ではないか、、!!

目立とうとすればする程に「逆に」目立たない。それが東京ではないだろうか。

 

 

言い換えれば、0.0001%クラスの超人、偉人でないと目立つことは不可能と思われる。

もはや何をしても東京では目立てない。対比と同じで、少なからず地元では見られないような人々が存在する東京においては、もうなにをやっても目立つことはできない。

 

 

取るに足らない存在、というよりかは、人間の森なのだ。

どんな木があろうと、どこから見ても森である。

 

 

他人から「集中的」に視線をもらうことは事実上「不可能」に思える。

つづく