はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

考えるヒント19

反復と偶数

音楽は同じメロディを4回繰り返して次へ進むことが多い。

勿論例外もたくさんある。

僕は数学的な意味を見出せずにはいられない。

 

 

奇数は偶数と比べて、生活に馴染みが少ないような気がする。

駅のホームはほとんど偶数だけ存在し、(1番線があれば必然的に2番線もある)

コインの裏表は足せば2。

時間は偶数が多い。60秒、60分、24時間、12ヶ月、365日(4年に1回366日になれば、やはり偶数では)

 

 

勿論、例外は探せばたくさんあるとは思うが、人は偶数に何らかの親和性を持っているのかもしれない。

少なくとも、音楽はそうであるはずだ。

つづく