はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

「やりたいこと」は複合的

何事も「掛け算」が大事だと僕は考えている。

 

 

例えば「読書」。

僕はどんな空間でも読書ができる、と言えるほどの自信はない。

人は2時間同じ空間、同じ作業をするとそのあとは効率が悪くなると言われている。(『神・時間術』著者:樺沢紫苑氏より)

 

 

今やっていることは、かならず「単一」ではない。

環境があり、人がいて、音があり、匂いもある。

 

 

何が言いたいのかというと、

「僕は電車のなかの読書が好きです」

「僕はカフェでの読書が好きです」

と本来は言うべきである。

 

 

単に「読書が好きです」は的を射ていない。

やりたいことも同じである。

 

 

「○○のなかで、△△を通して□□をすることにやりがいを感じます」というべきである。

つづく