はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

考えるヒント18

概念と道連れ

例えば、「競争を降りる」とする。

しかしながら、それは「人と関わることをやめる」こととは全く関係がない。

 

 

ところが、場合によっては

「あいつは逃げた」

「引きこもったか」

と言われて、勘違いするパターンが少なからずある。

 

 

 

ある概念がある概念に意味作用を与えてしまうこと、

それは「道連れ」のようなもので、

僕は「概念の道連れ」と呼ぶことにする。

つづく