はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

思うことと事実であることの不思議

今日は明晰夢を見た。

夢を夢と認識して見る夢。

では現実は夢なのか。

これを突き詰めると面白いことがわかる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

A1:「これは夢だな、と思って見る夢」

B1:「これは現実だな、と思って見る現実」

C1:「これはリンゴだな、と思って見るリンゴ」

 

 

 

Cがリンゴであるかどうかは「他者」の「承認」が必要であるように思われる。

自分で勝手にリンゴと決めつけてもリンゴにはならない。

 

 

しかし、別の人間が「これはリンゴだ。」と承認しても本当にリンゴなのだろうか。

つまりは、別の人間が、

C2「これはリンゴだな、と思って見るリンゴ」を確かめるには、さらに

C3「これはリンゴだな」

と無限に続かないだろうか。

 

無限に続いたうえで「リンゴである」ならば、極限値が「リンゴ」と弾き出したと言えなくないか。

 

 

つまりは、「これは現実だな」と思って見る人間が無限にいるとすれば、やはり極限値は「現実」と示すのかもしれない。

 

もう少し掘り下げたい

つづく