はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

気持ちよく運動することのメリットについて

昨日はたまたま晴れたのでまたサイクリングをした。

どうしても河川敷を自転車で滑走したかった。

 

 

気付けば50km走った。

多少、乳酸がたまった感じが今もする。

しかし筋肉痛まではいかない。

 

 

 

土地柄、坂道が多い。

昨日は平面的なルートだったので走りやすかった。

 

 

 

競輪選手のような人と競争もしてみた。もちろん負けた。

途中、本屋さんやカフェに寄り道した。

 

 

 

苦が無ければ、楽しく、気持ちが良く、しかも運動もできる。

おまけに、今日は05時にしっかり目が覚め06時からドトールで読書中。

 

 

 

最近、階段をのぼるスピード、歩くスピード、体力が付いたと感じる。

何事も「苦」をどれだけ「快」に「変換」できるか。

これが鍵なのでは。

「苦」を「選択」するのではなく、

「苦⇒快」に変換する技術を模索すること。

これが人生を草にするためには必要だ。

つづく