はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

歩く哲学

哲学者に散歩好きな方が多いことは有名です。

代表例:イマヌエル・カント哲学の道など

 

 

僕は「世の中はフラクタル構造」を信じています。

信じているということは、根拠が足りないということです。

なので、できる限り考えたり、根拠を集めています。

 

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

新しいアイデアは既存のものが組み合わさってできる場合が多々あります。

例:メルカリ アプリ×フリーマーケット

 

 

これは、電通Bチーム『ニューコンセプト大全』を読めば一目瞭然かと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

僕は、インプットされた「新鮮な情報」は、脳に浸透しきっていないとみてます。

牛乳にプロテインを入れてもなかなか溶けない仕方で、

新しい情報も溶けにくいとみてます。

 

 

 

プロテインはシェイクさせることで浸透します。

思考もそういうものだと僕は信じています。

 

散歩≒シェイク

 

だと思うのです。

だから哲学者は散歩をよくしていたのだと、僕なりに解釈しています。

つづく