はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

分かりやすさとは情報の少なさである

えば、

 

【F=G×m1×m2/r二乗】

この式には万物の引力に関する法則の全てが納められています。

しかし、

「Fとはなんぞや」

「rとはなんぞや」

「Gとはなんぞや」

 

と、いちいち調べなければなりません。

要するに、シンプルで分かりにくい情報(≒ここでは式)には、膨大な情報が入っていると言えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は毎日本屋さんにいくほど、読書依存症なわけですが、

毎日本屋さんに行くと、

「文系でも分かる高校数学」

「世界一わかりやすい○○」

といった本をよく見かけます。

 

 

 

しかしながら、この類いの本は「入門書」としては最適ですが、

「情報の量」に関しては、やはり、

「ほとんどないに等しい」と言って良いかと思います。

 

 

 

僕は一般的な書籍をブログで紹介するよりも、膨大な記事をブログに残したほうが自分のためになり、もしかしたら他の方のためにもなるかもしれない、と考えて日々書いています。

つづく