人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

化学式・言語・フラクタル構造

フラクタル構造シリーズのつづき

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

度々、「硫酸」をかける犯罪が起こる。

H2SO4。

水素、硫黄、酸素。

 

 

 

僕は大学の化学科にいたわけだが、分子が集まって化合物になると、性質が組み合わせによって何故変わるのか、本質的な理由がさっぱりわからなかった。

そもそもそんな頭がなかった。

硫酸は「毒」である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

言葉にも「毒」がある。

 

「貴方の人生は詰んでる」

こんなことを言われたら不快だ。

 

この言葉の「化合物」、つまりは、

「貴方」「の」「人生」「は」「詰んで」「る」

は毒だ。

 

 

これも硫酸と同じだ。

原子が分子に、分子が化合物になり性質が変わる。

言葉も原子、分子、化合物になり意味が変わる。

 

 

 

間違いなくフラクタル構造である。

つづく