人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

考えるヒント8

折り紙と平面、物語について書いた。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

今日僕は思った。

物語も平面になる時がある。

 

 

「伏線が回収された」

と表現されることがある。

 

 

これは、物語に折り目がついて、折り紙を折るようにピッタリ重なることを意味するかもしれない。

P・オースターのような、仕掛けのある小説は特にそうかもしれない。

つづく