はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

思想解体術。代数で亀裂を与える。

物を壊す時に、表面積の少なくて硬いものを使って壊すと思います。 包丁は表面積が少ないので、物理学上、大きな力を与えることになり、野菜が簡単に切れるのだと考えられます。

 

 

これは思想も同じだと考えられます。

論理の構造は、 理屈A⇒理屈B⇒理屈C、、、

故に結論P となると思われるます。

そこに亀裂を与えるには、代数だと思うのです。

 

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

 

つまりは、論理の道筋を丸々コピーしてみて、別の値を入れてみる。

 

そこから得られる結論から帰納的、演繹的に論理を覆す。

 

 

ちょっと何言ってるか意味不明ですみません。

また簡潔にまとめあげます。

つづく