はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

shouldに乗るか。curiosityに乗るか。

端的に言えば、規範を大事にするか、好奇心を大事にするか。
この問いは未来への自分の問いでもある。


参考文献 : 『SDGsがひらくビジネス新時代』


著者の竹下氏は、自分の信念に従って働くことを一貫した。
信念にそぐわない仕事は辞める。これが彼の生き方である。


時代は変わったと彼はいう。



僕も、大事にしたいものがある。
従来の規範に従うのか。好奇心に乗るか。


ビジネスで勝負したい方は、どちらが「勝ち馬」だと思うだろう。
ただ、2元論で語れる次元ではないのかもしれない。
つづく