人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

読書空間。閉じた系。

参考文献『ひきこもれ』吉本隆明

読書空間は閉じた系だと思ってます。


誰にも邪魔されない空間。
勿論、テレビや他人の声などが聴こえないことが前提です。


非流動的な情報空間。
それは間違いなく「分断不可能なひとまとまりの時間」
と言えます。


そこから生まれる「エネルギー」が果てしなく大きいことは間違いなさそうです。
つづく