はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

教育格差について思うこと

松岡亮二『教育論の新常識』2021年9月出版
を読んで。

僕は確信した。

格差問題は現象ではなく構造の問題だと。
つまりは、偶然ではなく必然。

教職課程のシラバスに、「格差」についてほとんど記載がないそうである。

確かにそうだ。
教職課程は格差を教える場所ではない。

しかし、それは何のための教育なのか。
結局は富める者がどんどん富み、国には再分配が強いられる。

これを負の連鎖と言わずに何と言えばいいのだろう。

悔しいです。
つづく