はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

言葉は思考を規定する

参考文献:里見清一『偽善の医療』

 

「患者さま」

という言葉が、行きすぎた延命治療に繋がっていることを著者は指摘しています。

同感です。

 

民間の医療機関の場合。アメリカの医療従事者は患者さんを「お金の対象」としてしか見ていません。

 

日本人は世界的に見ておかしいのです。

自分で招いた糖尿病患者を、死ぬ気で助けることに、なにか意味があるのでしょうか。

それよりやることがまだまだあるはずです。

 

医療の資本主義化が正しいのかはわかりません。

 

僕が働いた精神科病院もそうです。

精神科にきたらアウトなのです。終わりなどないのです。

自分でなんとかするしかないんです。

 

また、クレームがきても毅然と反論できない職場はおかしいのです。

サービス業界なんて特にそうです。

 

無知な人はこれからも他人を攻撃しつづけます。

いちいち付き合ってられないと思いませんか。

つづく