はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

電子書籍を語る。

結論:まだまだ紙媒体が優勢

 

半年以上前に、僕はKindle を購入した。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

kindleには、そもそも本が少ない。というのが印象。(2020年時点)

みすず書房白水社岩波書店工作舎法政大学出版局名古屋大学出版会、、、、、、

これらの出版社の本が少なかった。(今も無い?)

 

自己啓発や経済、経営のような、あまり興味の無い本が多い印象であった。

ただ、光文社新訳古典のラインナップは豊富であった。

 

専門書が少ないので、読書家がいたとするならば、おそらく物足りなさを感じるのが現状である。そして、著作権と絡むのかもしれないが、この状況はしばらく続くと見る。

参考動画:AbemaTV


www.youtube.com