はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

同調圧力と生活保護嫌悪は似たようなもの

「自分も我慢してるのだから、あなたも我慢しなさい。」

という暗黙の了解を僕は常に感じ続けている。(無職です。)

 

気にしすぎである。

しかしながら、この記事を、ものすごーく、嫌な気持ちで書いている。

「働かない人には生きる価値がない。」というような威圧感を感じる。

年金、消費税、公的保険料、、、

しっかり納めてるにもかかわらず。

(まもなく傷病手当てが切れる) 

 

すると僕はすかさず、

「では貴方は誰に対して、どんな風に貢献し、結果何が得られたのですか。」

というふうに、といたくなるのだが、おそらく僕にはそんな発言権もないのだろうから、何も言えないのだろうと思ってしまう。

 

しかし、僕は無職になったきっかけに、1年以上ひたすら書物を貪り読む機会を得た。

この経験で、何かに貢献できるきっかけは掴めたと思っている。

 

また、無職の体験や、貧乏生活を自らオープンにするブロガーも複数確認した。

すごいと思う。

 

生きづらいよ日本。

被害妄想なのか、同調圧力なのか(働かない人間は日本から出て、みたいな)、よくわからないのである。