人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

「本ばかり読んでは駄目」という主張はやはりナンセンスに思います。

否定される時の文脈は、常に「稼げないから」で相場が決まっています。

その時に確認することは、自分の立場です。
こう質問してみます。
「お金をたくさん稼ぐことに集中することは、僕の人生を豊かにするための必要十分条件か、必要条件か、十分条件か」

ちなみに、養老孟司さんは別の理由で本ばかり読むことに異を唱えています。
本ばかり読むことに対するデメリットとは。

僕は、本ばかり読むことによって、普通の人が絶対に辿り着けない経験を「いつか」体験できると考えます。

現に、このブログは読書で成り立っているのであって、3ケタの読者様が見ているうえで、意見を発信するという「緊張感」は普通の人では体験できないと考えます。

批判を受けたことも何回かあります。ただ、その経験は僕の宝です。

拝金主義、保守主義には気をつけることです。
ただ、僕が賛同しないだけで、人それぞれなのは自明なことです。