哲学は語る。

本の受け売りではなく、しっかり噛んでます。

価格は正義か

価格は誰にとっても等しい。

700円を持っていれば誰でも、日本のどこにいても700円のものを買える。

しかしその反面、「価値」がわからなくなる。

分かりにくいので例を使う。

200円500mlのA牛乳と、300円500mlのA牛乳があるとする。

同じ商品に対して値段が違う。
常識的には200円のほうを選ぶべきである。

しかし。
もし200円で売る業者が、「ギリギリ」の賃金で、「サービス残業」が横行しているブラックな業者だとすればどうだろう。

消費者には知らない「裏側」がいくらでもある。そして知りえない。

200円で売る業者がもっともっと成長して、もっともっと「サービス残業」が横行しているとすれば。
人はすぐ仕事を辞められるほど単純ではない。

そして価値もまた単純でもない。