哲学は語る。

本の受け売りではなく、しっかり噛んでます。

ジェンダーと習慣

プロポーズは男がするもの。

これは男らしさなのか。
文化としての習慣になるのか。

スカートは女らしさなのか。

イギリスのある地方では、男がスカートを履く文化がある。

その地方ではスカートは男らしさなのか。

まず文化的な意味合いがある。

ジェンダーとは「平等」のためであると仮定すると、習慣と切り離すべきである。

構造の問題であって、共時的な話ではなく、通時的な話だからである。

その伝統(すなわち文化)をいきなり壊すのは、関東地方で、通勤ラッシュにエスカレーターに右に立つ人のようなものである。

「平等」と「習慣」を混合してジェンダーを議論することに意味はない。習慣を壊すことは、ある視点においては「強制」になる。

強制された「平等」を望む人はいないだろう。それこそ、マルクス主義の復活みたいではないか。