はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

恋愛工学の誤った理論について

女性は優秀な遺伝子を求める?
否。
優秀な遺伝子とはなんでしょう。
生き残れる遺伝子?
強者の遺伝子?

さて、それが真だとして、遺伝子はどうやって強いかどうか判定するのでしょうか。
遺伝子はこれから100年先に何が起こるかわかるのでしょうか。
まさか、人間の予測に即した戦略を遺伝子が採用するのでしょうか。

否。
なぜ人間の判断が先なのでしょうか。
遺伝子が人間を設計してるのであって。

リチャードドーキンス利己的な遺伝子』では、生物は遺伝子の乗り物に過ぎないと行ってましたが?

僕はさらに進化論を読み込みました。
そもそも、進化に「目的」などないのです。

遺伝子は遺伝子の意志に従って、ただただ、遺伝子を残すだけなのです。

友達よりなぜ家族を優先するのでしょうか。
家族のほうが限りなく自己に近い遺伝子を持ってるからであって、自己の遺伝子の複製こそが遺伝子の任務なわけなのです。

優秀な遺伝子なんてものは人間が勝手に都合よく用いた概念であって、学術的な根拠、すなわち強い遺伝子なんてものは空虚なものに過ぎないのです。

恋愛工学なんてものは、ただの戦略論であって、全く学術的なものではないのです、