はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

道徳的に考えれば死刑は廃止されるべきである。

僕は、法は秩序の観点から個人を守るものであると考える。

そして道徳は尊厳の観点から個人を守るものであると考える。

 

ヒトラーは死刑にされるべきか?

感情的には死刑にされるべきなのだろう。

 

ただ、道徳的には、人間という存在の尊厳を守るべく、死刑を反対する。

仮にどんなにひどいことをしたとしても。

 

道徳というのはそういうものだと僕は思う。

 

ヒトラーを牢獄に閉じ込めれば終身刑だろうと死刑だろうと、国民に損害はない。

だとしたら。

 

人間の感情を尊重するか、人間の尊厳を尊重するか。

僕は待ったを言いたい。

 

鶏が先か。卵が先か。最近僕はこの論法をよく使う。

物事を考えるときに大いに役に立つと考えるからである。

 

もし人々の感情を尊重して、ヒトラーを死刑にするとする。

すると、社会は道徳よりも感情が優先されてしまわないだろうか。

 

僕はそれに危機を感じる。感情・道徳・法。3つ並べたときに感情はどれほど大事なものだろうか。僕は、道徳と法のバランスをしっかりすればよいと思うのである。

 

感情が優先されてしまう社会は怖くないだろうか。

思うに、感情が戦争を誘発すると考えるからである。


道徳が先。感情は後である。

 

そう考えれば、死刑制度を廃止するのは妥当ではないだろうか。