哲学は語る。

読書は力なり。

日本人が貧乏なのは金融リテラシーがないからだと僕は見る

貯金ほどくだらないものはない。
確信をしている。
貯金とは思想の貧困。
哲学の貧困。
僕は、20代は自己投資として本を読み込むことに決めている。
しかし30代は本なんて読み込んでいる場合ではない。
30代は人生の分岐点と僕は考える。

今の100円は来年の100円だと思ったら大間違い。
時間を売ってお金を買う。これが貧乏人の考えで、時間を買ってお金をもらう。これがまともな人の考えである。