哲学は語る。

読書は力なり。

「お客様のため」ではなく、「日本のため、世界のため」くらい大きいことを言いたい。

の前のお客を満足させることに注力してもろくなことはない。

さきほどの記事で述べたように、便利性への過剰な需要は生産性を低下させる可能性を持つ。

 

コンビニの時給でお客を満足させるような仕事をさせるべきではない。

レストランの安い時給でお客を満足させるようなサービスをするべきではない。

 

日本はサービスが素晴らしいといわれるわりに、サービス業界の賃金が低い。失笑。奴隷なのか。

これは、ある意味愚弄されているようなものではないだろうか。

質の高さと報酬は比例するはず。

サービスを極限まで高めても、価格を上げなければ賃金は上がらない。

サービスを極限まで高めたマクドナルドのポテトは500円にあげないといつまでもバイトの時給は上がらない。かといって、500円のポテトを買う人はいないだろう。

 

サービス業界がいかにくだらないか。

そろそろ国民は反省するべきではないだろうか。

僕は機嫌が悪い店員で溢れるお店が増えることを期待する。