はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

お洒落な古本屋を僕は知らない

本屋に綺麗なイメージはないにしても、せめて店くらいは味を出して欲しい。

いっそ、自分で出そうかなと思うくらいだ、いや、わりと真剣に考えている。

ただ、本が売れない世の中だ。付加価値を山盛りにしていかないと続かないだろう。

 

経営するからには法律を学ばないといけないであるが、古本屋の内装を綺麗にしてはいけないなんて法律はないだろう。

神保町、最寄の古本屋、故郷の古本屋。どこも同じで質素で地味だ。それではAmazonに潰されてもしょうがない。努力不足であり勉強不足といわざるを得ない。

 

古本屋の中にお洒落なイスとテーブルを置いてはいけないのだろうか。

本は買った日に読む。買った場所で読めればなおさら良い。そこにコーヒーやココアがあればもっと良い。そういう本屋ならある。古本屋はない。

 

何故ないのだろう。