はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

学問と職業について

学生時代に勉強したことが役に立っているか。
働いている人にこの問いをすればどのくらいがyesと答えるだろう。

おそらく、本当のいみでのyesは少ないかもしれない。
国家資格を取った人くらいではないだろうか。
あとは専門職。研究職。

第一志望の会社に入れた、という意味で学校は役に立ったと答える人もいる。
問題はそこだ。
学問が選別の機械になっているということ。

大学で何を勉強したかなんて然程重視されない。
つまり、会社は学問を疎かにしている。

そこに、日本経済の停滞する原因を見出せないのだろうか。