はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

仮説を立てて本を読む。古典を読むコツ

典は退屈である。

そんな時は仮説を立ててから読むと面白くなる。

f:id:nainaiteiyan:20210126223816j:plain

岩波文庫『快楽について』という本がある。

分厚い本である。

僕は仮説をたてた。

「幸福とは快楽の総量である。」

 

この仮説が本の筋に対してどの程度通用するのか、通用しない場合、何故通用しないのか。

このようにして読んでいくと「快楽」の定義が僕の考えるものと違うことがわかってくる。

 

古典を読むこととは、自分が持つ持論と相手の論理の戦いでもある。