はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

数学的な性欲の昇華

んばんは

この記事は全く数学と関係ありません。

タイトルが生々しいがゆえに、数学という言葉をくっつけることによって少しでも不快な印象を与えることを避けられれば、という思いからです。

 

本題です。

僕はスマホを見るくらいなら、異性と電話するくらいなら、書物を読んでいた方がよっぽどマシと考える変な人間です。

スマホは充電が面倒なときは一日ほったらかす時もあります。

 

そんな僕でも避けられないものがあります。

僕はもがき苦しみました。この地獄から逃れる術はないのか。

無理でした。

自己嫌悪。無力感。

僕の苛立ちはMAXに。勢いで外へ走りに行きました。

夜の気温は6度程度。寒かったです。

結果的に、13km走りました。

こういうのを昇華と呼ぶみたいです。

 

「オレ、こんなに走れんのか、、、!」

やはり達成感はかなりありました。

そして、苛立ちも治まりました。

 

無茶なことができてしまう。

それが昇華なのだと今日感じました。