はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

お金・価値・相対・普遍について

金とは相対的ではないだろうか。

100年前の100円の力と、現在の100円の力は違うように思える。

お金というものは常に相対的なものではないだろうか。

 

1ドル100円になったり、120円になっているのも、ドルと円による相対の結果ではないだろうか。

その一方、価値はどうだろうか。

普遍的な価値。

 

例えば、誰にも再現できないような、もの凄い仕事をする人がいる。

その人は代替不可能であるとする。

それこそ、人間家宝つまり普遍的な価値ではないだろうか。

 

コロコロ相場が変わってしまう様な「脆い」ものに価値などない。