はてなブログ大学文学部

読書日記と哲学がメインです(毎日更新)

「本が2000冊ほどあります。」引っ越し屋さん「・・・」

や、これは冗談でもなく、わりとリアルな話になってきた。

 

僕のようなディレッタント(素人で文学・芸術を好む人)ですら1000冊ほど所有している。上には上がいる。

 

1万冊所有している人はかなりいると見た。

某ブロガーも数千冊書斎にあるとのこと。

 

これは引っ越し屋さんにとって重荷以外の何物でもない。

本ほどたちが悪い物はないだろう。

読書家のお引っ越し事情が気になるところである。

 

もう僕は物理的に5畳以下の部屋に住めなくなってしまった。

そろそろ6畳も危ないかもしれない。

しかも電子書籍に移行する気もさらさらない。

 

さようなら、5畳。