人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

目標を設定するとつまらなくなる。野球編。

ソフトボールのピッチャーである。

 

20代前半のころは社会人ソフトボールのチームで練習をしていた。

その練習では、後半に必ず練習試合を行っていた。

そして僕はピッチャーをやる。

 

ピッチャーとしては、もちろん三振を取りたいし、バッターを翻弄させたい。

それが男だ。

 

ただ、チームはそれを許さない。

「練習だから打たせろ。」

「もっと力抜け。」

本番の試合でもそうだ。

「打たせろ打たせろ」

「打たれてもオレたちが取るから」

 

もちろん、勝つか、負けるかの真剣勝負であれば、チームの勝利が優先される。

よって、投球はただの「作業」と成り下がるわけだ。

ここにも、目標と絡む。受験もそうだ。

 

目標があることによって、つまらなくなるのだ。

楽しいからその先に目標が勝手に生まれる。それが本当の目標だと僕は考える。

目標が先だと失敗する。