はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

上野千鶴子氏の偏った価値観。これだからフェミニストは嫌なんだ。

 『恋って何ですか?』より

"「文豪」たちの作品を読むと、ほとんどセクハラ小説に思えてくる。"

 

主旨として、女性は男の「所有物」であって、女性がモノ扱いされることによって、女性には「主体」がなく、主体のない「恋愛」には「関係」などなく、そんなものはひとりよがりのストーカーでしかない。

 

ということである。

 

僕は違和感を感じる。

そもそも、小説はフィクションじゃないか。

ある意味妄想で書いているのだから、現実でもないわけで。

 

捻じ曲がった批評としか思えない。

現実が「そうなっている」から (上野氏の主観として)小説はその「写像」である。そう言いたいのだろう。

 

高学歴にある程度の完ぺき主義は付き物である。

「恋愛」というものを、何か崇高なものと思っていないか。上野氏は。

 

恋愛の定義とは何か。ないだろう。定義しようもない。あほか。

そもそも、恋愛なんて言葉は近代に生まれたわけで。そして語の意味は時代とともにコロコロ変わるわけで。何にこだわっているのでしょうか。

 

そんなに所有物にされるのが嫌なら、自分が男を所有物してやればいいのに。

それだけの話だと思います。