人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

感謝の心を持つ人は自殺しにくい傾向があります。『ポジティブ精神医学』より

はようございます。

今回のテーマは「感謝」です。

 

僕は偉そうなことをいえないので、今回は事実だけを述べたいと思います。

認知行動療法のプログラムにおいても、度々「感謝」について、テーマトークをしたり、紙に書くプログラムがあります。

 

感謝が何故心に良い効果をもたらすのか、細かい原理についてはわかっていないのですが、ポジティブ精神医学においては、感謝の心は生活の質、ウェルビーイングを上げるとされております。

また、関係ないですが、自分を褒めることもうつ病に効果があります。

 

僕がポジティブ日記を始めたのは、ポジティブの力を検証するためであります。

 

幸せな人は生産性が高いということが知られております。

機嫌が悪い人は生産性が低かったり、周りを不機嫌にさせ、全体としての生産性を下げると思われます。そういう方には感謝の心が欠如しているのではないか、というのが僕の見解です。

 

いずれにせよ、日々感謝の心を持つことを心がけたいところでございます。