はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

婚活1回の参加費で難解な哲学書が1冊買える

んばんは

今日も構造主義について調べました。

やはりマルクスの思想がいかに巨大なものだったかがわかります。

 

本題です。

婚活は高すぎです。

相場は5000円。

これ、普通に難解な、邦訳の論文を買える値段なんですよね。草

 

コロナ前はたまに行っていたんですが、哲学に目覚めてからは行かなくなりました。

5000円なんて新書だったら5冊買えますよ、、、

まあ、『プシュケー』や『ヘーゲルハンドブック』のような分厚い本は1万円しますが。

 

あらためて、おそろしい値段設定です。