はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

世の中には目標を立てて実行する人とそうでない人がいる。僕は後者です。

済的に成功した方は前者のほうが多い気がします。

ただ、それはその人にたまたま合っていたやり方だからだと僕は考えます。

心屋仁乃助さんは後者です。

賛否が分かれそうですが、ホリエモンも後者であると僕は考えます。

 

何回も書いている通り、目標を立てるとそれに関係がなさそうなものを排除しようとする心理が働くのです。『クリエイティブの処方箋』より

 

僕は、目標に従って自分を目標に合わせて行動するのではなく、目標を自分の行動に合わせて変化させるほうが合っていると感じます。

 

それは過去の僕の失敗からそう学びました。

例:第一志望の大学に合格できなかった

TOEIC800点取れなかった。英検準1級に合格できなかった。

新卒で良い会社に入れなかった。など

 

自分というもの、世の中、地球は、科学的にも常に変化するにもかかわらず、目標は固定化されたままなんて、滑稽な話だと僕は考えます。