はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

ストレスに関する本が増えたのは、競争が激化したためと考えます。

日本人は格差社会があまりにも拡大しすぎたために、人を出し抜くことで躍起になっているように見えます。

 

起業・副業・投資

これらに関する本も、近年では増加傾向にあると思います。

 

「何かしなければいつか潰される」

いつまでも賃金が上がらない日本。結婚も難しくなってしまった日本。

人々の漠然とした不安にはこういった心理が多少働いているのでは。

そして無理をする人が急増。自滅。うつ。

 

それを阻止すべくストレスに関する本が増えたのでは。

競争は仕方がないものとして。

大事なのは、やはり身体であり資本であるのは当たり前です。

 

それでも当たり前のことができていないように僕は感じます。事実僕もそうです。

 

ストレスに関する本が消える日が来ることを祈ります。