はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

商品の価格には「利息」が含まれているという見方があります。

ン。おもちゃ。家具。服。

これらは、「投資」によって建設された工場によって製造されている可能性があります。

 

よって、メーカーさんは「利息」を背負いながらモノを作っているという見方が生まれます。

事実、そうなのかなと思います。

 

利子として恩恵を預かるのは「資本家」のみであるという事実。

利息を被るのはメーカーさんであり消費者でもあります。

 

資本主義が搾取の象徴とされる考え方はこの日常的な「数字」によっても見受けられるのかなと思います。