はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

ヘーゲル勉強記 第2回 -マルクスはアンチ・ヘーゲルー

1970年代まではヘーゲルに人気があったそうだ。

ところがマルクス主義の台頭によってその熱は沈静化された。

マルクスヘーゲルには密接な関係があるらしい。

 

ヘーゲルの掲げた思想には、「こうあるべきだ」と、押し付ける部分があったそうだ。

「共同体」にその思想を反映させてしまうと、そこには適応できない「非人間的な者」が出てくる。

ポルポトスターリン

「非人間的な者」を排除する思想が生まれるとこのような惨事につながるとのこと。

 

つまり、ヘーゲルの思想には危険な香りがしたそうだ。

ただ、時代のうねりとともに、ヘーゲルの思想が捻じ曲がってしまい、悪く言えば「悪用」される危険性があったから、マルクスによって批判されたのでは?

 

うーむ。難しい。

第3回へとつづく・・・