はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

浪費問題は哲学で「目的論」として扱われていたみたいです。

過去に記事にしました。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

目的論とは

”目的 (未来) によって過去と現在を説明する理論。” と書いてあります。

 

哲学では認識論、形而上学倫理学と枝分かれしていくみたいなのですが、ここは置いておいて、浪費について再度語ります。

 

費やしたお金がどういう形で自分に返ってくるのか。

やはり死ぬまでは分からないですよね草

 

浪費という言葉について考えることが「浪費」だと僕は思います。