はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

「覚せい剤をやめますか、それとも人間をやめますか」排中律の罠

中律 (はいちゅうりつ) という言葉があります。

「AはBでもなく、非Bでもないというともない」という、ちょっとややこしい言葉なのですが、要するに、Bと非Bの中間を許さないというお話です。

 

タイトルは、覚せい剤を撲滅するため、説得するときに、

B・・・覚せい剤

非B・・人間

 

選択肢は覚せい剤をやめるか、人間をやめるか、どちらかしかない。この2つ以外はありえないという論法で攻めていくというやり方です。

 

営業トークで使われていそうな罠ですね。

詐欺にはお気をつけください。