はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

リストカット・自殺未遂をされた方は「パーソナリティ障害」の可能性があります。『臨床心理学』より。※障害は悪いことではありません。僕は精神障害者です。

まず、お伝えしたいのは、これらの症状は薬では治せません。

カウンセリングが必須です。

僕は練炭自殺未遂をした方とお話した経験があります。

やはり言っている内容がめちゃくちゃでした。

「ご飯がわりに薬を飲んでいる」等

 

まずは「いのちの電話」などで相談することが大事です。

通院で治せる精神疾患には限りがあります。

例) パニック障害・不安障害

  △パーソナリティ障害・うつ病

 

僕は、『臨床心理学』と『スキーマ療法』を読み、今風の言葉でいうと、メンヘラと呼ばれる方の中で、特に重症度の高い方は誤った価値観を持っている可能性が高いです。

「医者なんて役に立たない」

「薬は飲みたい時だけたくさん飲めばいい」

「私は価値がない」

 

 うつ病認知行動療法で治るといわれております。

ただし、それは患者さんと治療者が共に治療計画を共有した場合に限られます。

共有した関係を「作業同盟」といいます。

これが薬だけでは治らない原因のひとつにあります。

 

リストカットなどの患者さんを治せるのは心理療法、この場合ですとスキーマ療法になります。

最近、境界性パーソナリティという症状について学びました。

 

また情報が集まり次第発信してまいります。