はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

「独創的な人」という表現はおかしい。みんな違う。

誰一人、同じ人はいない。

にもかかわらず「独創的な人」とはどういうことなのだろうか。

 

ようするに、みんなと同じことしか言わないような人が「普通の人」であり、みんなと同じことを言わない人が「独創的な人」なのだ。

 

ああ。。

同調圧力がこんなところにも潜んでいるとは、、、