はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

小説を同時に10冊読む方法

f:id:nainaiteiyan:20201105211544j:plain

この写真には小説はひとつしかないのですが、やり方は説明できるので記事にします。

要するに、付箋でセーブポイントを作りましょう。というお話です。『知的生活の設計』より。

 

途中で疲れたら、それまでの内容をあらすじにしてまとめます。そしてページ数を書いて付箋を貼ります。

ジャンルごとに色分けすると良いと思います。

僕は単純に、

黄色・・・ビジネス本

ピンク・・小説

青色・・・専門書

緑・・・・新書・その他

としました。

 

こうすることで、記録、つまりセーブができるので、ゲームでいう「続きから」スタートできます。

 

同時に100冊読みたい方は手帳を5冊くらい用意すればできると思います。

 

捕捉:セーブポイントを作れば、定期的に図書館へ行って無料で100冊以上読破できると思います。

 収入にも限界があるので、

・専門書は買う。古いものは図書館にある専門書を読む。

・古典は( 特に光文社古典新訳) Kindle Unlimitedで読む。

・ビジネス本は必要なものだけ買う。

・それ以外は図書館を使いこなす。またはBOOK・OFFで買う。

としました。