人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

構造主義への挑戦が始まりました。『世界哲学史8』ちくま新書

僕の入り口は「何のために生きるのか」でした。

 

1年程前、『若い読者のための哲学史』というものを買いました。

とりあえず、僕は哲学という学問の地図を求めました。

 

その後に、図書館に通いながら、

アリストテレスプラトン、トマス・ホッブズパスカルスピノザジョン・ロックライプニッツ、ヒューム、ルソー、カント、ベンサムヘーゲルショーペンハウアーマルクスニーチェフロイトラッセル、ヴィトゲンシュタインなどの学者について読み漁りました。

 

ジュンク堂の哲学コーナーに「ポスト構造主義」というものがあります。

最初見たときは「????????」

クレイジーのように思えました。

 

構造主義の問いの発端は世界大戦だということを知りました。

この本はまず二元論から話が始まります。

面白いことに、1年以上様々な書物を読み漁ってきた結果、理解できることが増えてきたように感じます。そして楽しさを見出しました。

 

 

いよいよ、僕の目標である「構造主義を理解する」のスタート地点に立ちました。

ポストは「~の後」という意味なので、実はその先にポスト構造主義があるみたいです。はあ。。。遠いですね。

何か気づきがあれば記事にします。


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

若い読者のための哲学史 [ ナイジェル・ウォーバートン ]
価格:3520円(税込、送料無料) (2020/11/3時点)

楽天で購入