問い屋さん。読書の「力」を発信するブログ

「INPUT・OUTPUT・読書 (哲学・数学・認知科学・文学・心理学・芸術・色彩心理学・神経言語学など) 」を通じて人生の武器になる強力な問いを提供。問屋ではない。そうは問屋が卸さない。人生は草。楽しく行こう。

文系と理系は卓球のラリーみたいなものです。

ゲーテvsニュートンのように、文系が文句をつけて、理系が論破する。

また文系が文句をつけて理系が論破する。

 

歴史ってその繰り返しだと思うんですよね。

でもゲーテは『色彩論』でニュートンの『光学』にケンカを売りました。

 

のちに、このケンカが色彩調和論の原理に応用された、という点ではやはり文系と理系は、卓球のようにお互いラリーをして練習をしているのです。

 

切磋琢磨。文系も理系も、オンリーワンです。