人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

問いを続けるということは、階段を上るということです。

人生の目標のひとつとして、ポスト構造主義を理解する。という思いがあります。

 

サルトルハイデガーの弟子だったように、ニーチェショーペンハウアーに影響されたように、実は哲学という学問も理論の構築であることを知りました。

 

そして、1年前の僕と比べると、だいぶ学問の景色を眺められるようになりました。

 

その他ジャック・デリダアラン・バディウ。チャールズ・テイラー。ダグラス・ホフスタッター。ドゥルーズ

 

20世紀の哲学者は、19世紀までの哲学をさらに発展させているものだとわかりました。

 

全てを理解するのは時間がないので不可能です。一日8時間、80年読書ができるとしても、46万時間です。限界があります。

 

ただ、問いは続けます。楽しいからです。

イメージでいうと、学問という景色を、東京タワーから眺めたいという感覚です。