はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

それでも僕は幸せに格差はないと信じる

アウシュビッツの有名な話がある。

生き残ったのは、最後まで希望を持ってた人。

全ての財産を没収されようが、心は没収されない。
心は没収出来ない。洗脳は、厳密に言えば心の没収とは言えない。

あるものを信じるという自由はあるという意味で、心の没収とは言えない。

本人が気が付かないように徐々に薬物で精神を操る場合はどうか。
しかし考えると、そもそも幸福と洗脳は関係がないように思われる。

その他の状況についても、反論出来そうな材料があれば検証していきたい。

僕は厚生の平等を信じて生きていく。