問い屋さん。読書の「力」を発信するブログ

「INPUT・OUTPUT・読書 (哲学・数学・認知科学・文学・心理学・芸術・色彩心理学・神経言語学など) 」を通じて人生の武器になる強力な問いを提供。問屋ではない。そうは問屋が卸さない。人生は草。楽しく行こう。

男と精神年齢について。コメントありがとうございました。

参考になりました。
「現実的」
この言葉にしっくりきます。
まず、現実として社会が目の前にある。
つまり社会にいかに適応できるかが精神年齢を決定する要因の1つであるかなと思います。

非現実的な主張する人
社会に協力的でない人
そもそも社会の構造をよく理解しない人

これらの方はもしかしたら「彼ってまだ幼稚ね」と言われるかもしれませんね。

ただ、経済的に完璧に自立していれば精神年齢は高いと言えませんか。
アニメが大好き、漫画が大好き、アンパンマンが大好き。でもやなせたかしさんが精神年齢が低いとは言えませんよね。

なかなか複雑な話ですね。
そもそも精神年齢という言葉自体が曖昧なもので、意味をよく理解しておらず、それでもその曖昧な言葉を頻繁に使う人というのは、自分が何を言っているのか本当はよくわかっていないということにもなるかと思います。

人は矛盾を持つ者、そしてそれを自覚せぬ者。

ちなみにですが、他の記事について、僕のことについて、その他なんでも24Hコメント受付中です。

メールのほうも変わらず24H受付中です。
お気軽に連絡下さい。