はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

「見えない世界」を「見える世界」に変換する方法

比喩という手法がひとつにある。

以前記事に書いたが、「あれってどうでもよくない?」と、言ってることと本音が違うことがある。

これは見えない世界の話なので気がつきにくい。

そこで比喩を使う。
答えから書くと、看板だ。

世界一美味しい○○!
実際は世界一美味しくないのだ。
自信がないから敢えて宣伝しているという見方もある。

他にも、「折れやすい心」の比喩として、硬くて細い棒などが挙げられる。

ここでいう「硬くて細い棒」を仮に比喩物と呼ぶことにする。
世界が全て比喩物で出来ている空間を僕は6次元と呼びたい。

さて6次元から何を発見できるか。
楽しみである。